みなと銀行カードローンは専業主婦でも借りれる

みなと銀行は神戸市中央区に本店を構える銀行です。神戸では結構メジャーな銀行ですが、他県にお住いの方はあまり聞いたことがないかもしれませんね。ちなみにみなと銀行は光井住友銀行グループなので規模的にはかなり大きい銀行になりますね。

このみなと銀行から発売されているみなと銀行カードローンは専業主婦の方でも利用できるカードローンとして人気です。専業主婦の方が利用できるカードローンって数少ないですから人気になるのも分かりますよね。地元の神戸の専業主婦の方は使っている人がかなり多いようですよ。

※注意:専業主婦の方でカードローンを利用して借り入れ場合は、みなと銀行以外にもありますので、こちらのサイトをご確認ください。<<専業主婦借り入れ>>

 
カードローンを利用する際に気になるのが金利ではないかと思うのですが、このみなと銀行カードローンの金利は年4.5%~14.0%という低金利設定なのでかなり金利は引く方だと思いますよ。同じ銀行カードローンと比べても金利は低い方だと思います。

審査もスピード審査ですので、審査結果は原則的にその日のうちに電話で知らせてくれます。とりあえず借りれるのかどうか?っていうことだけでも知ることができれば、予定が立てれていいですよね。

ネットでも申し込みすることができますし、電話でも申し込みすることができますよ。受付時間は8時~20時となっていて土日祝日とも営業していますので有難いですよね。専業主婦の方でも平日は忙しくて、そういう申し込みをすることができないという人も多いでしょうから。

金利の話にまた戻らせてもらいますが、10万円を30日間借りたとしても利息は1,150円ということです。上限金利である14.0%で計算してこの金額ですので、限度額が大きく付与されて金利が低く設定された方は、もっと少ない金利で済むようになります。

融資限度額ですが最高800万円となっています。この金額は専業主婦の方はもちろん無理ですが、高級取のサラリーマンや事業経営者ならば可能性はありますよね。800万円って結構高級は車が買えるような金額ですよね。これだけ借りる事が出来れば何にでも対応することができるかと思います。

みなと銀行カードローンを利用するには、みなと銀行での口座を開設しておかなければならないのかと思うかと思いますが、実はみなと銀行の講座を開設していなくても大丈夫なのです。ローンカードがあればそれを利用してATMなどで返済ができるため、新たに返済口座を開設する必要がないのです。

返済はATMで大丈夫と書きましたが、どこのATMが利用できるのかという都、みなと銀行ATMはもちろん利用できますし、全国のセブン銀行、ローソン、イーネットのコンビニATMやみなと銀行所定の提携金融機関であるゆうちょ銀行やイオン銀行のATMも利用できるので全国の人が利用するのが簡単なカードローンなんですよ。

もし返済が遅れてしまうと、延滞分の金額を返済するまで追加で借り入れというのができません。融資枠がまだ残っていたとしても新たに借り入れすることはできません。

ですので、返済はくれぐれも注意してちゃんと月々返済していくようにしましょうね。
申し込みした際には、申し込みの内容を確認するため、みなと銀行や保障会社から自宅や勤め先に連絡することがあります。在籍確認っていうものですね。ほとんどの確率で在籍確認が行われると思っておいた方がいいでしょう。みなと銀行側もうその申し込み内容ではないのかっていうところを確認しておかなければなりませんので。

ただ、この在籍確認はみなと銀行や保障会社という名前を名乗らず、担当者の個人名で電話されるので安心して大丈夫です。
こういったところがみなと銀行カードローンの概要ですね。参考になればと思います。

お金に困ったら誰に借りる?

家族に借りた事がありますが、やっぱり気持ちが良い事ではありません。

以前ですが実家にお金を借りた事がありました。旦那の仕事の事が原因でした。働いている会社の経営が良くなくてお給料の支払いが遅れたりする事が続いていました。

うちに貯金が多くあれば何とか大丈夫だったんですが、私もまだ若かったしできちゃった結婚で貯金もあまりないまま結婚しました。まだ子供が生まれたばかりで私は働きに行く事も出来なかったし、子供が生まれるという事で結婚した時にマンションをかったのでたんまりとロ-ンが残っていました。

毎月の支払いが送れてしまうのは一番辛かったです。電話がかかってきた事もあったし毎日が何だか憂鬱な気持ちでした。

でも旦那が悪い訳ではないし、会社の方も何とかしようと頑張っているのに自分だけさっさとやめる事は出来ないと言っている旦那の気持ちも私には良くわかりました。

なのでどこにこの悩みを持っていけば良いのかが分からなかったんです。でも本当に毎日が大変になってきた、何とかやりくりして生活していましたが、ついに支払いが出来なくなってしまいました。

色々と迷いましたが実家に相談しました。事情を説明に行って当時の現状を話しました。実家の両親も旦那が働かなくてこんな状態だったら話は別だけど、そうではないし一生懸命に働いている事。

会社の仲間を見放せない事も納得してくれました。そこでどうするかという話になった時、私は働くのでその間子供を見ていてもらおうと思っていました。

まだ首も据わってなかったので、パートを週何回かして家計の助けにしたかったんです。そしてそんな話を始めたら両親が何にも言わないで私の前に封筒を出しました。まだ子供が小さい、こんな子供を一人にするにはまだ早すぎる。

面倒はいつでも見るけど働きに行くのはやめなさいと言われました。働きに出ても心配ない年になったらいつでも働ける。それまでに何かあったら助けてあげるから今は子供のためにこのお金を使いなさい。

そしていつでも生き抜きや泊まりにきたりご飯食べに来たりしたらいいと。本当は断るべきなんだけど現状を考えると断ることが出来ませんでした。

旦那にも伝えたらその夜にうちの実家に頭を下げに行ってくれました。そんな事があって今は会社も持ち直して何とかやっています。

当時実家にお金を借りて本当に助かりましたが、やはりどんだけ親しい家族でもお金を借りたのはやっぱり気持ち的に良い感じではありませんでした。借りた物はしっかり返す事を忘れずに今は少しずつですが返済しています。